2014年11月18日

漢字ウェブをはじめます。

日本人が普段良く使っている、漢字。

漢字(かんじ)とは、中国に住んでいた漢民族の間で発生した表意文字の1つである。漢字は、中国語や日本語等を表記するのに使用されている文字のこと。

漢字の歴史は長く、3500年以上の歴史と数万を超える字数が存在する。最古の漢字と言われるのは、亀甲等に刻まれた甲骨文であり、紀元前一五世紀頃のものと推定される。

五万字ほど作られたが,一時代で実際に使われたのは五千字程度。

天下を統一した秦が漢字の字体も統一する政策を打ち出し、現在では印鑑の書体として知られる篆書が成立した。

日本に伝来した漢字としては,一世紀頃の貨泉や委奴国王(わのなのこくおう)の金印などが古いものとしてあげられる。